太陽光パネルの賢い選び方とメリット・デメリット

  • by admin

まずは太陽光発電のしくみから

太陽光発電は、光エネルギーを直接電力へと変換する、太陽電池という発電装置を使用します。太陽光がパネルに到達すると、内部の太陽電池で光エネルギーにより光電効果が発生します。光電効果と物質に光が当たると物質中の電子が飛び出す現象で、太陽電池を構成する半導体の電子が動いて電気が発生します。太陽電池は主にシリコン系で、世界の生産量の約8割を占めています。

賢い太陽光パネルの選び方とは

設置業者を最初に決めると特定メーカーの太陽光パネルしか扱っていない場合があり、必然的に一社に決まってしまうデメリットがあります。設置業者を選ぶ際は、最低でも2つ以上のメーカーを扱っている業者を選びます。メーカーの選択肢が増えると、自分の条件に合う太陽光パネルの選択肢が増えるメリットがあります。次に、太陽光パネルを選ぶ基準には、設置場所の気候条件と太陽電池の発電量や、耐用年数と設置費用などがあります。太陽光パネルはどこでも使えるわけではないです。日照時間が短い地域は薄暗い天候でも発電するものが良いし、暑い地域では熱に強いパネルが必要です。それも考慮して他の条件を組み合わせて、太陽光パネルを選定します。

太陽光パネルの設置方法の概略

太陽光パネルの設置に、家庭用で5日程かかると言われています。工事用の足場の組立てから始まり、機材の搬入や支柱の取付けと電気配線などを行います。最後にパネルを固定するフレームが取付けられます。

太陽光パネルのメリットとデメリットとは

太陽光発電は、発電した電気を自家で使用できる、余剰電力の売電で利益も得られる、CO2排出削減にも繋がるなどのメリットがあります。一方デメリットは、設置費用が高いことです。発電による利益と費用の損益分岐点を考慮し、賢く太陽光パネルを利用したいものです。

初期費用こそかかりますが、銀行や信用金庫などが太陽光発電を名古屋で検討している利用者向けに、通常より低金利のローンをすすめていますし、電気という財産を継続して生み出すことができるのが魅力です。