CADが設計活動に重宝される理由はこれ!

  • by admin

CADの基本機能について

従来は製図を行う際はドラフターという道具を使って手書きで作図をしていました。人間が定規のメモリを読んだり、修正の際は消しゴムで消して分かりにくくなったりと不便なことがたくさんありますよね。それをパソコン上で描けるようにしたのがCADです。線や曲線を簡単に引くことができますし、レイアウトも自由にすることができます。万が一間違っても簡単に消して修正可能なため完成図面は見栄えが格段にいいのです。従来は、紙の図面で運用していた作業がデータで運用できますので関係者と簡単に共有ができますし、多くの人が操作できますので効率的な設計活動につながります。簡単な機能であれば高価なソフトを購入しなくてもフリーソフトが存在していますよ。

3DCADの出現によりさらに便利に

従来は2次元のみをパソコン上で操作していました。3D形状は頭の中でイメージしなければならないので断面図などを作成するときには苦労しますよね。それを解消するのが3DCADの登場です。3Dモデルを先に作成してその後に2次元図面の作成になります。寸法も自動ですぐに記入できますし、断面図もカットする部分を選ぶだけで簡単に作成可能です。製図活動だけでなく、解析にも役立てることができます。応力や熱解析や組み立てた時の干渉チェックなどがあります。3Dを解析結果によって修正することで自動的に2次元図面にも反映されますので利便性が高いです。3DCADソフトは解析の内容など仕様によってコストが異なるためよく検討することが重要です。

電気CADとは、CADの中でも電気設計に特化したものです。配電盤などの電気専用のパーツをクリックするだけで図面に機器の配置が出来ます。