液晶テレビや液晶モニターではバックライトとしてLEDが使われている

  • by admin

冷陰極管から置き換えられた

最近の液晶テレビや液晶モニターには、ほとんどの機種でLED照明が使われています。具体的にどのような用途で使用されているのかというと、バックライトです。

液晶は自ら発光する物質ではないので、人から見やすくするためには後ろからライトをあてて明るくしなければなりません。古い液晶テレビや液晶モニターでは冷陰極管というものがライトとして使われていましたが、今はLEDに置き換えられています。照明が冷陰極管からLEDになったことで消費電力が下がり、テレビは昔よりもエコになったといえるでしょう。また、冷陰極管には水銀が用いられていますが、LEDは水銀が使われていないので、その点でも環境に優しいといえます。

TVのバックライトではLEDは画面の真下か端にある

テレビに用いられているLEDには二つの配置方式があり、一つはLEDを画面の真下に並べて配置する「直下型」、もう一つはLEDを画面の両端に並べて全体を明るくする「エッジライト型」と呼ばれます。より画面がきれいに映るといわれるのが直下型の方で、値段が高い機種では直下型が採用されていることが多いです。

テレビの故障として、音声は聞こえるけど画面が映らないというものがありますが、これはだいたいLEDの故障によるものです。また、画面の一部だけが暗くなってしまったというものもありますが、これもLEDの故障の可能性が高いです。LEDの問題であればLEDを交換すれば直りますが、場合によっては液晶パネル全部を交換することもあります。

LEDライトパネルは種類が豊富ですから、希望のタイプを明確にしておくことがポイントです。屋内外を問わずに使用できるタイプもありますし、さまざまなサイズがそろっています。